長期転勤には持ち家管理をはじめとした準備が必要

普通の転勤ならまだしも、1年や2年と言った長期転勤や、海外出向などなどで持ち家をどうしても空家にしなければならないと言う方は多いかと思います。折角購入した持ち家ならば、できるだけ残しておきたい、売却はしたくないと思われる方も多いでしょう。それに、長期転勤が終わればまたその家に住みたいという希望を持っている方も多いはずです。

ですので、持ち家をそのまま置いている方もいらっしゃいますが、そうすると持ち家の管理のための準備をする必要が出てきます。誰も住んでいないまま放置しているとパイプの劣化や室内に湿気が溜まってしまうこともあり、かなりのスピードで経年劣化をしてしまうのです。ですので、管理会社にいらいをするなり、信頼できる近所の住人に定期的に見てもらうなどをしてもらう必要が出て来てしまうのですが、これはかなり面倒なことですし、お金や迷惑がかかってしまいます。

ですので、もう一つ選択肢に挙げられるのが、誰も住まないままで放置をしておかずに、賃貸として貸し出すという方法です。こちらでもお金はかかりますが、賃貸契約をすることによって、ある程度の収入を得ることができます。

また、長期転勤の際にはリロケーション物件として貸し出す場合も多いです。こちらは管理を代理でしてもらえますから、非常に簡単です。今回はそのリロケーションについてさらに依頼時期や事前準備としてやっておくことについてぜひとも紹介したいと思います。