管理が難しいならリロケーション!

リロケーションは、物件を一定期間、転勤者などに貸し出すことを言います。一定期間と制限されているので、こちらが再び転勤先から戻ってくるのに合わせて物件の貸し出しを行うことができるので、貸主側から見ると非常に嬉しい点が多いです。

また、管理は完全にリロケーション会社に任せることができますので、心配はいりません。無論、管理費はかかりますが、自分自身で行うことが殆どありませんので、安心して全てを任せきることができます。

当然、リロケーションとして貸し出すことになるので、お金は手に入りますが、実際のところはそんなに大きな利益にはなりません。管理費を支払ったり、そもそもの家賃が普通の賃貸と比べると三割程度は低かったり、リロケーションをするための準備にお金が掛かったり、固定資産税が掛かったりと、かなりお金がかかるのです。

ですので、リロケーションをする理由としては、経年劣化などをしてしまわないために、家を管理してもらうために、と言った理由で考えておいて、お金のために貸し出すという考えは少し改めた方がいいかもしれません。当然、何もしないよりかは金銭的に余裕ができることは言うまでもありませんので、どうしても持ち家を売りたくないなら選択肢に入れておくといいでしょう。