リロケーション前にやっておくこと

リロケーションをする前には、荷物などは既に移動させていると考えて、やっておくべきことがいくつかあります。ただ、持ち家を普通の賃貸物件として貸し出す場合とやることは大体同じです。

することは掃除です。できるだけ綺麗に、ハウスクリーニングなどを利用するのも良いでしょう。窓や水回りなどを入念にきれいにしておくことをおすすめします。なぜ、このようなことが必要になるのか、と言うと、入居希望者が現れた際に、できるだけ綺麗な部屋を見せることで、いい印象を持ってもらうためです。そのようにしないと、内覧に来たとしても、入居を決めてくれる可能性が少なくなるからです。特に、単身赴任ではなく、家族で来られるような転勤族の家族が内覧に来たときに、汚いままだと逃してしまい易いので注意しましょう。

また、他には設備を新しい物に代えておくことや、壊れている物があれば買い替えておくことも必要です。それぐらいをする必要はない、と思われるかもしれませんが、できるだけ快適な状態にしておいた方が入居してもらい易くなります。リロケーションは入居してもらってやっと価値があるので、事前準備はしっかりとやっておかないと、逆に損をする可能性もあるので、思い切ってやっておきましょう。

いつからリロケーション会社に依頼する?

リロケーションをするためには、まずリロケーション会社にリロケーション物件として貸し出しをさせてもらうことを依頼する必要があります。しかし、転勤が急に決まって、転勤までに1ヶ月しかないような場合だと、リロケーション会社は依頼をされても困惑してしまいます。むろん、依頼をして物件として広く入居者を募集してもらうこと自体は可能ですが、入居希望者が現れるかどうかは微妙なところです。

さらに言えば、リロケーションは1ヶ月でも入居していない時期ができてしまうと、大きな損となってしまいます。それだけは何としてでも避けたいので、ある程度は入居者が現れるまでの余裕が欲しいところです。大体入居希望者が現れて、引っ越しをするまでにかかる時間は2か月から3ヶ月程度だそうです。ですので、最低でも転勤をする2か月前、余裕を持てれば3ヶ月前にはリロケーション会社に依頼をしておくようにしましょう。

そうすると、リロケーション物件を探している入居者が現れやすくなります。さらに言えば、時期的に長期転勤をする時期は被りがちなので、入居希望者が現れやすい時期に依頼をすることができるので、そこまで待たなくとも、入居希望者が現れる可能性は高いです。ただ、現れないときは現れないので、注意しましょう。

管理が難しいならリロケーション!

リロケーションは、物件を一定期間、転勤者などに貸し出すことを言います。一定期間と制限されているので、こちらが再び転勤先から戻ってくるのに合わせて物件の貸し出しを行うことができるので、貸主側から見ると非常に嬉しい点が多いです。

また、管理は完全にリロケーション会社に任せることができますので、心配はいりません。無論、管理費はかかりますが、自分自身で行うことが殆どありませんので、安心して全てを任せきることができます。

当然、リロケーションとして貸し出すことになるので、お金は手に入りますが、実際のところはそんなに大きな利益にはなりません。管理費を支払ったり、そもそもの家賃が普通の賃貸と比べると三割程度は低かったり、リロケーションをするための準備にお金が掛かったり、固定資産税が掛かったりと、かなりお金がかかるのです。

ですので、リロケーションをする理由としては、経年劣化などをしてしまわないために、家を管理してもらうために、と言った理由で考えておいて、お金のために貸し出すという考えは少し改めた方がいいかもしれません。当然、何もしないよりかは金銭的に余裕ができることは言うまでもありませんので、どうしても持ち家を売りたくないなら選択肢に入れておくといいでしょう。

長期転勤には持ち家管理をはじめとした準備が必要

普通の転勤ならまだしも、1年や2年と言った長期転勤や、海外出向などなどで持ち家をどうしても空家にしなければならないと言う方は多いかと思います。折角購入した持ち家ならば、できるだけ残しておきたい、売却はしたくないと思われる方も多いでしょう。それに、長期転勤が終わればまたその家に住みたいという希望を持っている方も多いはずです。

ですので、持ち家をそのまま置いている方もいらっしゃいますが、そうすると持ち家の管理のための準備をする必要が出てきます。誰も住んでいないまま放置しているとパイプの劣化や室内に湿気が溜まってしまうこともあり、かなりのスピードで経年劣化をしてしまうのです。ですので、管理会社にいらいをするなり、信頼できる近所の住人に定期的に見てもらうなどをしてもらう必要が出て来てしまうのですが、これはかなり面倒なことですし、お金や迷惑がかかってしまいます。

ですので、もう一つ選択肢に挙げられるのが、誰も住まないままで放置をしておかずに、賃貸として貸し出すという方法です。こちらでもお金はかかりますが、賃貸契約をすることによって、ある程度の収入を得ることができます。

また、長期転勤の際にはリロケーション物件として貸し出す場合も多いです。こちらは管理を代理でしてもらえますから、非常に簡単です。今回はそのリロケーションについてさらに依頼時期や事前準備としてやっておくことについてぜひとも紹介したいと思います。